【鬼辛口コミ】イクオスは効果なし…9ヶ月使って分かった5つの真実

ステマ口コミを信じるな!イクオスを9ヶ月継続して使ったけど結局髪は生えず効果なし。ずっと使い続けてわかった買う前にはわからないイクオスに関する5つの真実についてお話します。
MENU

お遊びは終わりにしませんか?イクオス9ヶ月使用で分かった真実を包み隠さず口コミします。

イクオスはまだ買わないでください。せめて今からお話する真実を知った上で判断しても遅くはないはずです。

 

どうも、わたしは「元」イクオス愛用者(38歳)です。

 

田舎から上京し某IT企業でサラリーマンをやっています。昔から気弱なところがあり何をするにも慎重派な性格ですが、人をだましたり人に迷惑をかけたりするのが大嫌いという一面もあります。

 

30歳を超えた頃から髪のボリュームが減ってきたことに気づき、30代後半にさしかかるなるころにはつむじ部分(頭頂部)の頭皮が透けて見えはじめ…。このままではマズイ、なんとかせねばという思いで色々な育毛剤の中からイクオスを購入して使い倒してみました。

 

だいたい9ヶ月程度、イクオスを継続使用しました。2016年9月に大幅リニューアルされたらしいイクオスは従来よりも成分数も倍になったということで薄毛改善に期待して使い続けたのですが…。

 

結論的に、イクオスでは一切育毛効果を感じませんでした。。

 

改めて今思うと、やはりイクオスの育毛成分が効果が出なかった一番の原因ではと考えています。 また、使ってみて良かったこともありましたし、購入前にはわからず、使い始めて初めて気づいた悪い所もあります。

 

そこでイクオスに配合されている育毛成分の解説を中心に、購入前と購入後のイクオスへの印象、他の人の口コミや9ヶ月間使い続けたのわたしの体験記をレポートとしてまとめてみました。

 

ハッキリ言って、ここで書いてあることはわたし個人の一見解に過ぎないのかもしれませんが、イクオスのことに関してはネット上に溢れるどのステマサイトよりも参考になると自負しています。

 

お金と時間を無駄にしないためにもぜひ購入前に目を通してもらって、判断材料にしていただければと思います。

 

では、誰も語らないイクオスの真実をお伝えします。

買う前に思ったイクオスの良さそうなところ4つ

イクオスを購入する前には、もちろん自分なりに納得できるまでリサーチはかけました。

 

「イクオス」と検索エンジンでサーチすると「効果がない」や「宣伝が胡散臭い」などネガティブな意見は少し気になってはいたのですが、

 

育毛剤ランキングのサイトではほぼ上位にランキングされていて、「確かに効果があった」というクチコミ記事も多く見かけたので、両方を冷静に判断し、以下の4つが理由でイクオスの購入を決意しました。

 

 

良さそう1. リニューアルして配合成分が61種類になった

ミノキシジルやキャピキシルなど1つの成分と全面的に推し出している育毛剤が多い中、イクオスはダントツの61種類の配合成分の多さが印象的でした。

 

購入前には「たくさんの種類の育毛剤成分が入っている方がどんなタイプの薄毛にも効果的かも」と思ったのですが、、この考え方がそもそも間違いだった気もします。

 

 

良さそう2. 実感までのスピードが速いらしい

イクオスは実感スピードが他の育毛剤に比べて速いことを売りにしています。公式サイトには「78%の人が3カ月以内に発毛促進を実感」という魅力的な実験データが記載されてあったので、「3ヶ月ならもしかしたら自分もその78%のほうに入れるかも」と期待しました。

 

しかし、今になって改めてよくよく考えてみると、「実感」という言葉のマジックにハマってしまっていた気がします。実感=効果ではないし、実感は人それぞれの主観でしかありません。

 

人から見て何の変化がなくとも、その人が「実感した」と答えればそれは実験データとして反映されることになります。。

 

 

良さそう3. 45日間以内なら返金保証がついている

イクオスには45日間の返金保障がついています。これは、45日以内なら使用途中であっても本品と引き換えに返金してもらえるシステムです。

 

購入前は期待はしてますがやはり効果があるのかどうか不安だったので、この返金保証制度があるのは安心感につながりました。

 

結局はわたしは9ヶ月継続したのでこの返金保証は使いませんでしたが、この保証規約にも細かい縛りや条件が色々あることを後になって知りました。

 

 

良さそう4. サプリとセットでも意外と安い

一万円前後する育毛剤が多い中で、イクオスの値段はかなり格安です。サプリメントと育毛剤セットでも7000円以下というのは本当に珍しいのでこのお得さに惹かれました。

 

継続する上でこの数千円差はかなり大きいです。ちなみに当時、わたしが購入したときはリニューアルキャンペーンでさらにこれより安い初回4,980円でたしか購入できました。

 

しかし結局は、いくら値段が安くても効果がなければそれは金をドブに捨てることと同じ。値段だけで判断せずにコスパを重視することを学びました。

 

使い始めてから購入前イメージと違う点が次々と発覚

ところがイクオスを実際に使い始めて、早くも初月から当初の購入前のイメージと違うことがたくさん出てきました。

 

あとでお話しますが、この段階で気づいても時すでに遅し。返金保証の事実上の対象外になってしまっていたのでそのまま継続しなければならないことになり、定期コースで結局9ヶ月ほどイクオスを使い続けましたが、結局やはり育毛効果は実感できませんでした。。

 

 

「実感までの速さ」は実感できず

公式サイトには、使用者の78%が3カ月以内に発毛促進を実感。と自信満々に記載されていたのに、実際わたしが使ってみたところ、生えないどころか、抜け毛の量も、髪のボリュームも、特筆すべき実感はありませんでした。

 

もちろん用法容量も守って朝晩きっちり継続したのに、です。

 

液垂れしやすい、塗布しにくい

広範囲に拡大するスプレーではなく一点にシュッと狙えるのはいいのですが、範囲が狭いため頭頂部の気になる部分にピンポイントで塗布するのはなかなか難しいです。

 

しかも液体自体もサラサラでそれを一点に噴射するため、液だれして頭皮や髪がベタベタになり乾くとパリパリになるという現象が起こってしまいました。

 

サプリが異様なほど臭い

サプリメントの臭いがとにかくクサい。。初めて商品が到着したときに、なんとなく口に入れるものなのでニオイを嗅いでみたところ、鼻がひん曲がりそうになりました。

 

香料や甘味料なども含まれていないので無添加なところは良いのですが、ニオイに敏感なわたしは何度飲んでも慣れることはありませんでした。

 

「45日間返金保証」は実は条件がややこしい

購入前のわたしは「45日間以内なら返金してもらえるから安心かも」と思っていましたが、実際は詳細を読まなければ絶対に勘違いするだろうと思うくらい条件がややこしいものでした。

 

実際わたしも一本目を使い終わるころに返金要請をしようかと思ったときもあったのですが、すでに2本目が手配されていたのでその時にもし解約したとしても2本目の料金が自動発生しているような状態でした。。

 

解約時のコールセンター対応が”デレツン”

イクオスの定期コースを解約するときは、基本的に電話一本で解約可能です。

 

9ヶ月ほど経って継続を断念し定期コース解約のため電話しみたところ、普通に対応してくると思いきや、ツンデレならぬ衝撃的な”デレツン”対応を受けました。その内容は短く書けませんので下のページをご覧ください。

 

 

使用を断念した今、なぜ、イクオスを利用して効果がなかったのかその理由を考えてみました。 そこで見えてきたのは、商品の広告ページイメージを漠然ととらえるのではなく、

 

配合成分の構成、中身、バランスや、そもそもの薄毛原因や回復までのプロセス、そして実際の他の使用者のリアルな意見などをしっかり下調べてから判断しないと、結局肩すかしを喰らう可能性が高いんじゃないか?という結論に至りました。

 

今だから言えることかもしれませんが、本当になぜ購入前にここまで考えていなかったのか…と悔やまれるます。自戒の意味も込めて、自分で調べたイクオスがなぜ効果がなかったか、また、自分で納得できる育毛剤はどうやって選べばいいのかを個人的にまとめた記録集となります。

 

これからイクオスの購入を検討されている方、興味のある方はこの後もぜひ目を通してみて欲しいと思います。

他の育毛剤よりも実感スピードを速めるのは理論的に可能なのか?

イクオスは「注目される理由は実感までの速さ!」「使用者の78%が3カ月以内に発毛促進を実感!」と公式ページで謳っています。

 

誰でもできるだけ早く薄毛や抜け毛は改善したいものですから、この広告に期待が高まって興味を持ったという人も多いのではないでしょうか?

 

実際わたしは3ヶ月使っても何も変化がないほど効果が実感できなかったわけですが、これが私だけのことで、じゃあ本当に他の22%の人は3ヶ月以内に実感できているのか?そもそも理論的に実感までのスピードを速めることが可能なのか?調べてみました。

 

公式ページ記載の「実感までの実験データ」は信憑性なし。その他バックグラウンドにあるという記載ランキングWebサイトも見つからない事実。

 

結論から言いますが、イクオスが提唱する「実感スピードの速さ」にはなんら信憑性はなく、科学的根拠やエビデンスに乏しすぎます。

 

なぜなら、公式ページに掲載されている実験データの右片隅には「千葉頭皮環境研究調査データ」とありますが、調べてみたところそういった研究所や調査データの情報はネット上には一切挙げられていませんでした。

 

 

「千葉頭皮環境研究調査」と検索窓に打ち込みサーチしましたが、上位はすべてイクオスのステマサイトがずらり。調べてもらえればわかると思いますが、50位くらいまで目を通しても該当するような機関は見つかりませんでした。

 

 

百歩譲って、研究データは秘匿性のあるものも考えられるのでまだしも、研究機関のホームページすら見当たらないのはやはり疑問です。。せめて連絡先さえ記載されていれば調べようもありますが、これでは裏がまったくとれません。

 

 

 

ついでに言うと、公式ページに堂々と貼られているこの「育毛剤ランキング第一位」という2つの看板も、権威性もなく信憑性という意味でも非常に低いことがわかりました。

 

 

公式ページに補足として記載されてある

  • ウェブサイト「2015年使用者満足調査育毛剤ランキング」
  • ウェブサイト「男女兼用発毛促進商品総合ランキング」

この2つのサイトもサーチしましたが、思しきサイトが見つかりません。。近しいタイトルで表示されたサイトは素人が作成したようなデザインの乏しいサイトだけ。

 

URLなどが記載されてあれば別ですが、これではどこのウェブサイトで1位を獲得したのかわかりません。ランキング名だけで見つけるのは至難の業でしょう。

 

それに、2016年にリニューアルされたイクオスなのに「2015年の満足調査ランキング」というのも引っかかります。。

 

万が一当時そういったランキングサイトがネット上にあったとしても、イクオス販売に合わせて自作自演で作られたランキングサイトと思れても仕方ないと思います。

 

 

以上のことから、わたしの考えとしてはイクオスの広告にある言葉は、あまり真に受けることはしないほうがおすすめです。

 

このカテゴリの記事一覧
>購入前と購入後で違うイクオスの効果実感ポイント

 

 

>ヘアサイクル理論から見て本当に実感スピードを速めることは可能なのか?

 

 

>イクオス以外でより短い期間で効果がでそうな育毛剤

イクオスの配合成分は本当に有効なのか?

イクオスは全部で計61種類もの育毛に有効な成分が入っていることが特徴です。

 

わたし自身、購入前は他の育毛剤より比較的配合数の多いこの数字にインパクトがありましたし、なんとなく効きそうだなという期待感も持ちました。

 

しかし実際に使ってみて効果が現れなかったのは事実です。この経験から、これらの配合成分が果たして本当に意味があるものかと疑問が湧いてきて、より詳しく調べてみることにしました。

 

イクオスのメイン育毛成分は公的に効果が実証されたものではない。その他配合成分はどの育毛剤にも配合されているものばかり。

 

イクオスのメイン育毛成分とされる独自調合のAlgas-2(アルガス-2)、スサビノリエキスは、厚生労働省の認可を受けている成分ではありません。

 

その他センブリエキス、オウゴンエキス、ダイズエキス…などなどほとんどの成分は厚労省から医薬部外品として認可されている成分です。

 

参考:こちらですべてチェックしてみました↓
https://www.cosmetic-info.jp/jqic/search.php

 

 

このように成分名を入力し検索すると、認可されている成分は表示されます。

 

厚労省の認可がすべてでないが、独自成分というからにはそれなりの科学的根拠や立証データなど、エビデンスがないことには信用できない。

 

もちろん、厚労省に認められていない成分=まったく効果がないと言い切れないのも事実です。中には、公的な認証がまだ下りていないだけで実際には効果があるという成分の可能性もあるでしょう。

 

ただ、イクオスに配合されているAlgas-2(アルガス-2)、スサビノリエキスという成分以外は、他の育毛剤にもだいたい配合されている成分ばかりです。

 

 

しかも、その他配合されている天然成分○○エキスといった薬草や海藻などは、頭皮環境を改善するサポートする働きは期待できるものの、直接的に発毛に働きかけるものではありません。

 

それぞれ血行促進や炎症抑制など配合目的はざっくり書いてありますが、例えば医薬品であるミノキシジルといった臨床試験で認められた成分で発毛剤と売られているものもある中で、天然抽出成分ばかりで占められているイクオスが非常に頼りない存在に思えてきます。

 

 

そして、イクオスが堂々と宣伝している「実感スピードの速さ」ですが、他の育毛剤より速いというのであれば、その理由はほとんどの育毛剤に配合されてある天然成分ではなく、メイン成分であるAlgas-2(アルガス-2)、スサビノリエキスにあるということになります。少なくともイクオスの理論としてはそうなるでしょう。

 

 

しかし上の「真実その2」でもお話したように、イクオスの公式ページに掲載されてある「千葉頭皮環境研究調査データ」なるものには信憑性がありません。

 

このことから、メイン成分は厚労省からも認可を受けられないほどの科学的根拠や証拠データに欠けた、なんら信憑性のない成分と言わざるを得ません。

 

有効成分の配合濃度が開示されていない。濃度によってはほぼただの水の可能性も否定できない事実。

 

また、百歩譲ってこれだけの配合数が入っているのはいいですが、「一成分あたりの濃度」については一切開示されていません。

 

例えば、バケツ一杯の水に1滴でも有効成分が入っていれば、限りなく薄くてもそれは事実「配合されている」ことになりますよね?逆に「配合されていない」といってしまうと嘘になります。

 

でも、実際そんなものは結局ただの水となんら変わりありません。育毛剤には水がメインで入っているので、それ以外の成分が水に対して一体どの程度の濃度で配合されているかぜひ知りたいところです。

 

 

医薬部外品はあくまで「緩やかな改善」が期待できるもの。医薬品のような効果はない。

 

さらに、イクオスが承認されている医薬部外品についての法律上の定義についても詳しく調べてみると、薬事法には「人体に対する作用が緩和なもの」とされており、そのハ項において「脱毛の防止、育毛又は除毛」と書かれています。

 

出典:薬事法第2条第2項

 

この「緩やかな改善」というのはどのレベルを言っているのかは明記されておらず諸説あるようですが、どうも防止や衛生の範囲に留まるもののようです。

 

これは育毛剤においては、「髪が生える」というよりも「髪が抜けるのを予防する」もしくは「今ある髪を育てる」という程度にとどまるものだと推察できます。成分のことについては、以下のページでそれぞれ詳しく書いてみましたのでご覧ください。

 

 

このカテゴリの記事一覧

 

>独自の有効成分「アルガス2」の育毛効果はエビデンスに乏しい

 

 

>61種類の有効成分のうち9割方は他のどの育毛剤にも入っている

 

 

>医薬部外品は実は効果を認証しているわけではない

 

 

>成分数が多いからいって効果が高いというわけではない

玉石混交あるイクオスの口コミその真実と裏にある忖度とは?

ここまで、実際の効果や配合成分などあくまでわたし個人の見解で調べてきましたが、もちろんこれが必ずしも正解とは限りません。

 

もしかしたら効かなかったのはわたしだけかもしれませんし、いくら信憑性の低い配合成分であったとしても、実際に効果があるのならそれが一番良いのですから。

 

そこで、実際に他の使用者さん方はどのように効果を実感しているのか、詳しく調べてみました。そこで見えてきたのは、極めて両極端な意見の相違。なぜそうなるのか調べていくと、その裏側が見えてきました。

 

イクオスを宣伝しているサイトには成功報酬が支払われている。

 

ほとんどの人は育毛剤について色々サーチする時、まずは人気のあるものが知りたくてランキングサイトを見てみたり、さらにその中から気になる商品があれば商品名などで検索し、その口コミ情報や体験記といった類のサイトをチェックすると思います。

 

注意して見てもらえればわかりますが、そういったサイトにはたいてい「公式サイトはこちら」や「詳しくはこちら」といった文言のリンクが用意されてあり、クリックするとイクオス通販サイトへ飛ぶように設定されていることが多いです。

 

 

実は、イクオスを賞賛しているサイトのほとんどのリンクには隠された秘密があります。それは、アフェリエイトと呼ばれるシステムによって、このリンクを通して購入があった場合そのサイト運営者に成功報酬が支払われるというシステムになっています。

 

その金額はなんと1件5000円。一番推している育毛剤+サプリセットの定期価格が6980円ということは、実に7割以上の金額が宣伝サイトへの報酬として支払われていることになります。

 

販売価格の7割支払っても儲かるということは、一体原価いくらで作られてるんだ?と疑りたくなりますよね。。

 

また、運営者にとってはこれだけ高額の報酬を払ってもらえるわけなので、自然と売り込みくさい賞賛口コミになるのも納得です。私もこのからくりにもっと早く気づいていれば。。

 

 

ただ、このリンクの見分け方もあるので念のため記述しておきます。公式サイトへのリンク先URLがイクオスのURL(http://iqos-official.jp/)でなかったらほぼ100%報酬型のリンクと見なしてOKです。

 

中には巧みに偽装されていることもありますが、いくつかのサイトを見てみて慣れれば比較的簡単に判別できます。

 

一方でYahoo知恵袋や教えてgooなどのお悩みサイトでの口コミ情報は、そもそもアフェリエイトリンクへの取締りが厳しく金銭的なバイアスがかかっていることは少ないので比較的信頼性は高いですし、イクオスプに対して否定的な評価を下しているサイトでもそういったリンクすらついていないことも多いです。

 

この口コミに関する報酬が絡んだカラクリには調べていくとさらに興味深いことがわかりますので以下のページをじっくりご覧ください。

 

このカテゴリの記事一覧
>イクオスを賞賛しているサイトには必ず広告が入っている

 

 

>イクオスを宣伝すると5000円以上の報酬が手に入る事実

 

 

>1ヶ月で効果がなかったと切実に訴えている知恵袋、掲示板の投稿

本気で髪を生やそうと思うならAGA治療薬に頼らざるを得ない現実

ここまで一継続利用者の立場から、イクオスについて様々な側面から経験談を交えて書いてみました。ただ勘違いしないで欲しいのですが、わたしはなにもイクオスを使うな!と言っているわけではありません。

 

実際のところ、薄毛だって症状が人それぞれ違うように何が効くかは人それぞれです。わたしには効果がなかったとしても、他の人が効果があったということは全然考えられますし、その逆もまた然り。

 

ありきたりではありますが「使ってみなないことには効果はわからない」ということしか言えません。

 

 

どんな結果になろうとも自分が納得できるかどうか?

結局のところわたしが言いたいのは、その育毛剤を使ってたとえ効果がなかったとしてもその結果を自分が受け入れられるかどうか?納得できるのかどうか?ということ。

 

もしダメでも納得できるなら試せばいいですし、何を使うかは最終的には自己責任です。

 

なので宣伝をみて期待感やイメージだけで飛びつかずに、きっちりと購入前に事前にサーチし本当に期待できそうかどうか?もしダメでも納得できるかどうかを自分に問いましょう。

 

わたしのように後悔だけが残ってしまうことがないように、最後にわたしが感じたイクオスをおすすめできる人、できない人の簡単な見分け方の指標と、本当に髪を生やしたい人のみに向けた現実的な改善方法をお伝えしたいと思います。

 

 

まだ薄毛がさほど進行してない予防のために使うならアリ。
  • 「親父もハゲてるしそろそろ自分もヤバイかも」予防対策しておきたい人
  • 「最近ちょっと抜け毛が気になる」今くらいで現状維持したい人

こういった人ならイクオスでも効果が期待できる可能性はあります。医薬部外品に認定されているので「緩やかな効果」くらいは期待できるからです。

 

また、薄毛対策はすでにハゲてしまってから治療するよりも、ハゲていない段階から予防するほうが効果が得やすいというのもあります。

 

 

すでに薄毛が進行している人、髪を生やす必要がある人にはおすすめしません。

その反面やはり、

  • すでに地肌が見える状態になっている人
  • 年々生え際が後退し長い間放置している人
  • 薄くなった部分の髪を生やしたい、増やしたい人

こういった人はイクオスをおすすめしないというか、使っても効果を期待できる可能性は低いと思います。何度も言うように、医薬部外品である以上劇的な変化や改善は望めません。

 

あくまでも予防や衛生という観点で自分の今の状態と照らし合わせてみて、これは予防どころではない、髪を生やさなければ改善されないと判断できれば、イクオスの使用は見合わせたほうがいいかと思います。

 

くれぐれも宣伝文にある「実感スピードの速さ」などを過信せず冷静に判断してもらえればと思います。

 

 

現実的に髪を生やしたいなら医薬品を使うしかない。

やはり髪を生やす・増やすという結果を求めるならば、その効果が公的に立証されている医薬品を使用するのが現実的であり最も効果が期待できます。

 

これは、日本医学会加盟学術団体である日本皮膚科学会が公表している「男性型脱毛症診療ガイドライン」にも記載されてあります。

 

出典:日本皮膚科学会ガイドライン

 

男性の場合は、ミノキシジル、フィナステリドの有効度がA判定と最も推薦されています。どちらも医薬品であり、基本的には病院やクリニックで医師の診察を受けた処方してもらうことができます。

 

ただし、医薬品には高い効果の反面、副作用があらわれるリスクもあるのでそのことも承知の上で使用することをおすすめします。

 

詳しくはAGA治療薬の効果でお話していますので、もし医薬品の使用を検討されている方は事前にしっかりと目を通しておいて欲しいと思います。

 

 

薄毛治療はライフスタイルに合わせて多面的に行うのが大事。

もちろん、医薬品を使えば誰もが100%薄毛が治るわけはありません。

 

ここでも効果には個人差があるうえに薄毛原因というのも人それぞれなので、あくまで自分の生活習慣を見つめ直し改善しながら、多面的に治療にあたることが何よりも大切です。

 

自分だけでは判断できないならば、専門医師のアドバイスを求めるのもいいと思います。最近では全国的にAGA治療専門のクリニックなども開院されているので、一度足を運んでみるというのも選択肢の一つです。

 

ただ、経済面が厳しくなかなかそ薄毛治療にコストがかけられないという人もいると思いますし、忙しくて時間がないという人もいると思います。効果が緩やかでもいいから自宅で気軽にできる市販の育毛剤でケアしたいという人もいるでしょう。

 

結局は「何が一番いいか」を決めるのは自分自身です。
あなたの自身のライフスタイルに沿って、自分が一番納得できる方法で薄毛と戦っていって欲しいと思います。

 

このカテゴリの記事一覧
>フィナステリドとミノキシジルの併用が最強

 

>個人輸入代行でAGA治療薬を使用する際のメリット・デメリット

 

>AGA治療薬を使用するうえで知っておきたい副作用や注意点

 

>AGA治療を病院・クリニックで行うための費用と心得

このページの先頭へ