MENU

イクオスの配合成分に関する真実

イクオス配合成分

 

育毛剤の効果を左右する一番の要素、それが配合成分だと思います。

 

新しイクオスには61種類もの配合成分があり、わたしも自身も「配合量が多いほど色んなタイプの薄毛に効果があるのでは?」と考えていたので、購入する決め手となった部分でもあります。

 

しかし、後々調べていくうちに必ずしもそうではないということがわかりました。

 

そこで、このページではイクオスに配合されている成分についてわかった真実と、消費者の立場からみて成分というものを購入選択の際にどのように捉えていけばいいのかを考察しまとめてみました。

成分のカテゴリ記事一覧

アルガス2

イクオスの特徴の一つに、独自調合でつくられたAlgas-2(アルガス2)というスカルプケア成分があります。これは主に数種類の海藻エキスを独自調合したものらしく、原料としては育毛成分としては有名な「M-034」、「ペルベチアカナリクラタエキス」、「スサビノリエキス」が使われています。次のページでも詳しく説明しますが、それ以外の配合成分はほぼどんな育毛剤にも配合されている普遍的な成分なので、他の育毛剤...

イクオス成分

現在の新しくなったイクオスは61種類の成分が配合されていて、他の育毛剤を見比べても配合成分数はかなり多いほうだと思います。しかし、よくよく調べてみるとメイン成分以外の配合成分はだいたいどの育毛剤にも配合されている普遍的なものだということがわかりました。以前はわたしも「配合成分数が多いほうが色んなタイプの薄毛に効きそう」と勝手に肯定的なイメージを抱いていましたが、その考えがそもそも間違っていたようで...

イクオス医薬部外品

医薬部外品というとイメージ的に「効果がありそう」と感じる人もいると思います。”医薬”というワードが入っているのでそう感じるのも無理はないでしょう。しかし、実際には医薬部外品はその効果が実証されているわけではないことがわかりました。イクオスに限らず育毛剤の広告では時おり「厚生労働省認可」という文言が記載され、あたかも「国が認めている」という雰囲気を出していますが、実は市販されている育毛剤のほとんどが...

イクオス成分

イクオスはリニューアル以降、配合している成分数がほぼ倍の61種類に増えたこともアピールとして積極的にしています。たしかに61種類はかなり多いほうですし、これだけでも「もしかしたら…」と期待してしまいますね。しかし、配合されている成分の種類が多いほうが育毛効果が高いのか?というとそうではないと今では思います。61種類の内厚生労働省に認められていてかつ有効成分として期待できるのはたったの3種類で、しか...

このページの先頭へ