MENU

医薬部外品は実は効果を認証しているわけではない

イクオス医薬部外品

 

医薬部外品というとイメージ的に「効果がありそう」と感じる人もいると思います。”医薬”というワードが入っているのでそう感じるのも無理はないでしょう。

 

しかし、実際には医薬部外品はその効果が実証されているわけではないことがわかりました。

 

イクオスに限らず育毛剤の広告では時おり「厚生労働省認可」という文言が記載され、あたかも「国が認めている」という雰囲気を出していますが、実は市販されている育毛剤のほとんどが厚労省に認可されている成分で作られています。

 

では、医薬部外品とは実際どんなもので、厚生労働省認可というのはどのような育毛剤なのでしょうか?

 

医薬部外品はちょうど中間にランク付けされる

育毛剤というのは基本的に厚労省にて大きく化粧品という扱いで分類されているのですが、国が認めた効果を示す成分を含んでいると薬事法に則って3つにランク分けされています。

 

化粧品、医薬部外品、医薬品の3つですね。

 

1. 医薬品の育毛剤

医薬品は病気や疾患を治す効果があるもので、一番効果が期待できるものの副作用リスクが伴うものです。配合成分も厚生労働省から認められた成分で生成されています。

 

ちなみに国内で販売されている医薬品の育毛剤と呼べるものは、ミノキシジルという成分を含んだ大正製薬のリアップX5だけです。こちらは臨床試験などでしっかりと人体にもたらす効果について検証が行われているので、発毛効果はたしかに期待できます。

 

あとは、薄毛外来やAGAクリニックなどで医師に処方してもらう、プロペシアやミノキシジルタブレットなどの経口薬もこの医薬品になります。ちなみに日本皮膚科学会ガイドラインでAGA治療として推奨されている医薬成分もこのフィナステリドとミノキシジルだけです。

 

2. 化粧品の育毛剤

化粧品は一番大きなくくりのもので、基本的には状態を清潔に保つ衛生面などの目的で使われる製品です。「治す」「改善する」という効果を目的に作られたものではないので、医薬品のような効果をうたってしまうと薬事法にひっかかってしまいます。

 

化粧品の育毛剤として代表的なのが、スカルプエッセンスと呼ばれるものです。最近多いのが「キャピキシル」という厚労省の認可を受けていない成分が配合された、フィンジアやDeeper3Dなどなど。

 

厚労省の認可を受けていない成分が配合されているので、医薬部外品としても認められません。

 

3. 医薬部外品の育毛剤

医薬品と化粧品の間にランク付けされているのが医薬部外品です。ネーミング的に医薬品に近いイメージを持つ人もいると思いますが、医薬品のような治療目的ではなく、あくまで予防や衛生面のケアができるものと考えたほうがしっくりきます。

 

人体に対して緩やかな効果を期待できるものが医薬部外品に分類され、厚労省が認可した成分で作られているものが医薬部外品と名乗ることができます。

 

また、商品を生産する工場などもいくつかの規定がをクリアしていなければならないという審査もあるようです。

 

 

イクオスを含め、市販のほとんどの育毛剤がこの医薬部外品に該当します。よくパッケージやボトルに「医薬部外品」と表記がありますが、あれも薬事法で明治する義務があるからです。

 

もちろん効果の表現方法にも薬事法で細かい制限があり、例えば「髪が生える」や「発毛効果」などとはっきり書いてしまうとNGのようです。あくまでも緩やかな効果しか期待できないものなので。

 

そういった理由から、各メーカーも試行錯誤しながらそれら効果を連想させるような巧みな表現で薬事法に触れないように工夫されています。

 

イクオスの「発毛促進を実感!」などもそうですね。「発毛を実感」だとNGなので近しいイメージでうまく表現されています。

 

 

なぜほとんどの育毛剤が厚生労働省許可なのか?

 

ここまで見ていただいた方は理解してもらえると思いますが、ほとんどの育毛剤は医薬部外品認定がなされています。緩やかな効果が期待できる医薬部外品は厚生労働大臣の承認が必要ですので、医薬部外品であるということは、どの育毛剤も厚生労働省の認可を受けたということになります。

 

最近はそれが当たり前になってきているので、ひと昔前のように「厚生労働省に認められた」というわざとらしい記載はなくなりつつありますが、これもほとんどすべての育毛剤に言えることなので、わざわざ誇張して記載すべき内容ではないということですね。

 

ただ、やはり販売者側に立って考えると、育毛リテラシーの低い初心者の人を対象に考えたときに「医薬部外品」や「厚労省に認められた」という記載があるのかないのかでは売れ行きに差が出るのかも…そう考えると、わざと記載する理由も納得できはしますが。

 

実際イクオスに関しても9ヶ月使ってみて気づかなかったことが使用を止めた今振り返ってみると、医薬部外品はやはり効果を認証しているわけではなかったということが見えてくるので、イクオスをこれから検討しているという方はある程度知識をインプットしてから総合的に判断していただければと思います。

 

 

NEXT:独自の有効成分「アルガス2」の育毛効果はエビデンスに乏しい…

関連ページ

独自の有効成分「アルガス2」の育毛効果はエビデンスに乏しい
イクオスのメイン育毛成分Algas-2は本当に育毛に効くのか?科学的根拠はあるのか?調べてみました。
61種類配合成分のうち9割方は他のどの育毛剤にも入っている
イクオスの配合成分のほとんどは他のどんな育毛剤にも配合されているごくありきたりな成分ばかりでした。
配合成分が多いからいって効果が高いというわけではない
育毛剤は配合成分が多いほど効果が期待できるものではありません。配合バランスやメイン成分が重要です。
このページの先頭へ