MENU

本気で髪を生やそうと思うならAGA治療薬に頼らざるを得ない現実

AGA治療

 

イクオスを含めほとんどの市販の育毛剤は医薬部外品に分類されます。

 

医薬部外品には副作用のリスクがないという安全面のメリットもありますが、やはり効果の面では医薬品には大きく劣るわけで、どちらを優先して使用するかはその人の信念や薄毛症状によるでしょう。

 

とはいえ、すでに薄毛が進行してしまっている人、髪を生やしたいという人にとっては、医薬品に頼らざるを得ないというのも現実です。

 

医薬部外品では、抜け毛を予防したり頭皮環境を改善したりする「緩やかな効果」は期待できますが、「髪が生える」など劇的な変化は期待できません。

 

AGA治療は基本的に医薬品による投薬治療が一般的で、それなりに回復、改善も期待できますが、ただし副作用リスクも同時にあるので両方知ったうえで用法容量を守りながら正しく治療を続けていくことが何より大切です。

 

このページでは、これから医薬品を使ったAGA治療薬を視野に入れている人に向け、基本的な心得と、実際治療を始めるにはどういう方法があるか、どのくらいの費用がかかるのかなど、注意点も含めまとめています。

医薬品のカテゴリ記事一覧

フィナステリド

ここまでイクオスを含めた医薬部外品の育毛剤の期待効果についてもお話してきたように、結局は「防止・衛生」といった側面でケアを行う程度にすぎません。予防としても効果を発揮しますが、それも含めて医薬部外品は「緩やかな効果」です。ないところから髪の毛を生やす、増やすことはできないですし、すでに薄毛が進行しているわたしのような者にはそもそも対象に作られていないのです。しかし、医薬品となれば話は別です。現状で...

ミノキシジルタブレット

前のページではフィナステリドとミノキシジルという、薄毛特効薬の併用効果を解説していますが、これらのAGA治療薬は基本的に医師の処方が必要なため、病院で診てもらう必要があります。外用薬タイプのミノキシジルだけは、国内ではリアップのみ自由に手に入ります。薬局やドラッグストアなどで普通に売ってますねしかし、実はもう一つこれらAGA治療薬の入手ルートがあって、そちらの方がコストがかなり抑えられるので利用し...

AGA医薬品副作用

薄毛を本格的にどうにかしたいのなら、やはりイクオスのような医薬部外品や化粧品の育毛剤ではなく、ちゃんと公的に効果が立証されている医薬品に頼らざるを得ません。しかし、個人輸入代行のメリット・デメリットのページでも少し触れましたが、AGA治療薬は抜け毛を抑制したり発毛を促す効果はたしかにあるのですが、医薬品のため副作用リスクも確実に存在します。もちろん、副作用がまったくないという人もいます。このあたり...

AGAクリニック

ネット通販でフィナステリドやミノキシジルを購入して自分で投薬治療することもできますが、個人輸入代行のページでもお話ししたように、副作用リスクも含めすべて自己責任になるので知識なしに気軽に手を出すのはわたしはあまりオススメしません。安全性を重視するならば、やはり国内の薄毛外来やAGAクリニックなどの専門医のもと治療に取り組むのが一番です。もちろん費用面でもコストはそれなりにかかりますし、病院に定期的...

このページの先頭へ