MENU

フィナステリドとミノキシジルの併用が最強の薄毛治療

フィンペシア

 

ここまでイクオスを含めた医薬部外品の育毛剤の期待効果についてもお話してきたように、結局は「防止・衛生」といった側面でケアを行う程度にすぎません。

 

予防としても効果を発揮しますが、それも含めて医薬部外品は「緩やかな効果」です。ないところから髪の毛を生やす、増やすことはできないですし、すでに薄毛が進行しているわたしのような者にはそもそも対象に作られていないのです。

 

しかし、医薬品となれば話は別です。現状で薄毛の特効薬とされているのが、「フィナステリド」「ミノキシジル」という成分の医薬品です。

 

これは、日本医学会加盟学術団体である日本皮膚科学会が「男性型脱毛症診療ガイドライン」でも公表しています。

出典:日本皮膚科学会ガイドライン

 

それぞれの効果についてここから詳しく解説していきますが、小難しい科学用語を並べてもわかりにくいと思うので、わたしが理解している範囲でできるだけ分かりやすく噛み砕いて説明していきたいと思います。

 

フィナステリドは「守り」専門!脱毛を防ぐための薬

日本で有名なフィナステリドといえば「プロペシア」です。一時期テレビCMなどでも放送されていたので、耳にしたことがある人も多いでしょう。

 

ちなみに、フィナステリドはもともとは前立腺肥大の治療薬として開発された薬で、投薬治療中の患者に薄毛改善が見られたことから、薄毛治療薬として開発し直され現在に至ります。

 

フィナステリドは、いわば「守り」の働きをする薬で、抜け毛を抑えたり予防したりする効果があります。

 

ヘアサイクル理論のページでもお話しましたが、髪の毛は一定の毛周期を繰り返していて、成長期→後退期→休止期→…の順番に数年スパンでループしています。

 

AGA(男性型脱毛症)になるとヘアサイクルが乱れ、成長期の期間がだんだん短くなって成長する前に抜け落ちてしまうわけですが、フィナステリドを服用することにより、このヘアサイクルを正常に戻す効果が期待できるのです。

 

少し細かい話をすると、フィナステリドの主な働きとしては脱毛酵素と言われる5αリダクターゼをブロックする働きがあります。

 

5αリダクターゼをブロックすることによって男性ホルモンとの結合を阻止し、結果的に脱毛因子であるDHTの生成をブロックする作用があるわけです。

 

 

ミノキシジルは「攻め」専門!血流を良くし髪を生やす薬

守りのフィナステリドに対して、ミノキシジルはいわば「攻め」の治療薬です。日本で唯一の発毛剤を謳っている大正製薬の「リアップ」シリーズも、このミノキシジルです。

 

ミノキシジルには血管拡張作用があり、血流の悪くなった毛細血管などの血流も一時的に良くする効果があります。つまり、頭皮にも血流に載せて栄養や酸素が十分に行き渡るため、毛母細胞などが活発になり結果的に発毛増毛が促さるわけです。

 

ミノキシジルももともとは薄毛治療のために開発されたものではなく、高血圧患者への治療で使われていて薬で、患者から発毛や増毛の症状があったことからAGA治療薬へと開発されなおし使われるようになった薬です。

 

ちなみに、ミノキシジルにはリアップのような頭皮に直接塗布する外用薬タイプと、経口薬のようなタブレット型の飲む薬タイプがありますが、体の中から直接作用するタブレットタイプのほうが効果は得られやすいといわれています。

 

 

フィナステリドとミノキシジルの併用が最強の薄毛対策

どちらか片方だけでも効果は期待できますが、やはり「攻め」と「守り」の両方を同時に行っていくことで、より薄毛改善に効果があります。

 

イメージとしてはフィナステリドで抜け落ちる毛を抑えながら、ミノキシジルで増やしていく感じですね。

 

今や病院の薄毛外来やAGAクリニックでも、主な治療方法はこのフィナステリドとミノキシジルの投薬治療となっています。他にはこれに加え、サプリメントで必要な栄養素を補充したり、頭皮に直接成長因子を活発化させる注射を打つなどのオプションもあります。

 

もちろん人によって投薬治療での効果に差はありますが、統計によると約7~8割くらいのAGA患者はこのフィナステリドとミノキシジルによって改善実感が得られるそうです。

 

実はイクオスを止めて以降、色々調べつくしてわたしもこれが一番の近道だと確信し現在投薬治療中です。まだ初めて3ヶ月程度ですが、抜け毛の本数が明らかに減るなどその恩恵を受けることができています。

 

だいたい半年~1年継続すれば、ある程度どこまで改善されるのかが見えてくるということで、期待を込めて毎日奮闘中です。

 

 

ただ一つ注意したほうがいいのが、どちらも医薬品であるというから、軽微ではありますが副作用リスクもたしかに存在します。

 

ほとんどの場合はさほど気に留めるような症状まで悪化しないといわれていますが、中には副作用の症状がひどくなり投薬によるAGA治療を断念したという人も稀にいるようです。

 

わたし自身も今のところこれといった困った副作用はありませんが、念には念をです。使用する際はそういったリスクもしっかり把握し、自分が納得できると判断したうえで自己責任で治療に取り組みましょう。

 

 

NEXT:AGA治療薬を使用するうえで知っておきたい副作用や注意点

関連ページ

個人輸入代行でAGA治療薬を使用する際のメリット・デメリット
AGA治療薬はネット通販を通して海外から入手することも可能です。しかしメリットもあるかわりにデメリットもあるのでしっかりと把握したうえで自己責任で利用しないと危険です。
AGA治療薬を使用するうえで知っておきたい副作用や注意点
フィナステリドやミノキシジルなど、AGA治療薬を使用するうえで必ず知っておかなければならない副作用リスクや注意点について。
AGA治療を病院・クリニックで行うための費用と期間
AGA治療を病院の薄毛外来や専門クリニックで行うことを検討している方のために、コスト費用や期間、おすすめのクリニックについてまとめています。
このページの先頭へ