MENU

AGA治療薬を使用するうえで知っておきたい副作用や注意点

AGA治療薬

 

薄毛を本格的にどうにかしたいのなら、やはりイクオスのような医薬部外品や化粧品の育毛剤ではなく、ちゃんと公的に効果が立証されている医薬品に頼らざるを得ません。

 

しかし、個人輸入代行のメリット・デメリットのページでも少し触れましたが、AGA治療薬は抜け毛を抑制したり発毛を促す効果はたしかにあるのですが、医薬品のため副作用リスクも確実に存在します。

 

もちろん、副作用がまったくないという人もいます。

 

このあたりは個人差が大きく、例えば風邪薬を飲んで眠たくなる人もいれば、まったく何も変わらないという人もいますよね?

 

その時の体調やその人のもともとの体質にもよるので、副作用の有無や程度はそれぞれですが、万が一の想定をしておいても損はありません。

 

むしろ、安易に大丈夫だろうと飲んで副作用リスクがひどかったら、場合によっては医師に相談しなければならない程の危険性も伴います。

 

フィナステリドとミノキシジル、それぞれの可能性のある副作用の症状について詳しく解説していきたいと思います。

 

AGA治療薬の知っておきたい副作用リスク

フィナステリド副作用 ミノキシジル副作用
  • 性欲減退
  • うつ
  • 耳鳴り
  • 筋力の低下
  • 疲れやすくなる
  • 勃起力の低下(ED)
  • 乳房の女性化
  • 肝機能の低下
  • 精子の減少
  • 頭皮の痒み・炎症
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 多毛症
  • 動機
  • 息切れ
  • 肝機能の低下
  • アナフィラキシー反応
  • 突発性難聴
  • 心不全

 

”守りの育毛剤”フィナステリドの副作用リスク

フィナステリドでよく言われるのが性欲減退の症状です。

 

男性ホルモンを抑制する働きがあるので、勃起機能が低下したり筋肉が衰えたりと、男性らしさが低下する可能性があります。

 

もちろん確率はさほど高くなく、ただの思い込みによるもの(プラシーボ効果)という説もあるくらいですが、リスクとして公的に発表されていることなので懸念材料の一つではあります。

 

それよりもフィナステリドを取り扱う上で気を付けなくてはならないのは、女性への影響です。

 

フィナステリドは女性への使用が禁止されています。というのも、とくに妊娠前、妊娠中の女性がフィナステリドの影響で、胎児の男性生殖器への悪影響があるとされているからです。

 

出典:日本皮膚科学会ガイドライン

 

しかも飲むのがダメなのではなく、触れるだけでもダメです。皮膚からフィナステリドの成分が吸収されそれだけでもリスクがあるといわれています。

 

フィナステリドを使用する際は、そういった女性への配慮をしっかりと注意する必要があります。

 

”攻めの育毛剤”ミノキシジルの副作用リスク

ミノキシジルの主な副作用症状は、頭皮の痒み炎症などです。これはミノキシジルでもとくに外用薬タイプの場合ですね。

 

これらの炎症症状も人によって自覚はさまざまで、まったく何も感じないという人もいればわたしのように頭皮が痒くなり継続を諦める人も結構います。

 

 

その他、循環器系への影響もあるとされていますがこれらはごく稀とされていて、ほとんどの人が症状を自覚しないので比較的安全性は高いとされています。

 

ただし、ミノキシジルでも内服薬のほうが効果が高く、かつ副作用リスクも高いとされています。とくに循環器系への影響を気にする方は、経口薬タイプではなく直接塗布するタイプのリアップなどを試されるといいでしょう。

 

もともとミノキシジルには血管拡張作用があるので、低血圧の方はとくに注意が必要です。使用に関して不安な方は自己判断ではじめるよりもやはり医師のアドバイスを仰ぎながら治療にあたることをオススメします。

 

 

副作用はあれど基本的には軽微なのでそこまで必要以上に心配しなくていい

 

細かい副作用リスクまで調べ上げると、中には生死にかかわるほどの症状も稀にあり恐ろしいように感じますが、どうやらそこまで重篤な副作用がでることは本当に稀のようです。

 

例えば風邪薬だって、その時の体調や飲み合わせによってはもしかしたら循環器系にたまたま影響が出て、副作用としてあらわれる可能性も無きにしも非ずですよね。

 

それくらいAGA治療薬の副作用も可能性としては低く、もしあったとしてもわたしのように頭皮がかゆくなったりするくらいの軽微なものなので、効果との兼ね合いを考えるとそこまで心配せずに積極的に使用してもいいと思います。

 

念のため副作用リスクも頭に入れておき、それに近しい症状が万が一あらわれた場合は、使用を中止すればいいだけですから。心配ならば医師に相談しに行ってもいいでしょう。

 

 

AGA治療は基本的にこのフィナステリドとミノキシジルの投薬治療になるので、すでに薄毛が始まっている、髪を増やしたい方はこの医薬品治療に頼るのが結局は近道だとわたしは確信しています。

 

それぞれの経済状況やライフスタイルに合わせて、治療方法を選び正しく継続していくことが薄毛改善を現実にするので、ぜひ怖がらずに知識をつけて一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

フィナステリドとミノキシジルの併用が最強
男性の薄毛であるAGA(男性型脱毛症)治療には、フィナステリドとミノキシジルの併用が最も効果的です。
個人輸入代行でAGA治療薬を使用する際のメリット・デメリット
AGA治療薬はネット通販を通して海外から入手することも可能です。しかしメリットもあるかわりにデメリットもあるのでしっかりと把握したうえで自己責任で利用しないと危険です。
AGA治療を病院・クリニックで行うための費用と期間
AGA治療を病院の薄毛外来や専門クリニックで行うことを検討している方のために、コスト費用や期間、おすすめのクリニックについてまとめています。
このページの先頭へ